ストローク

ストロークを安定させるために意識する事は、準備を早くするということです。

 

 

準備が出来ていないと、当然ですが相手のボールをしっかり返せません。
ここで言う準備は、打ちやすいポジションへの移動、しっかり静止、ラケットの引き(テイクバック)などの一連の動作を指します。

 

 

打ちやすいポジションへの移動は、意識されている方が多いのですが
その後、しっかり静止するということを意識されている方は少なく
走りながら打っている方が多いようです。

 

 

走りながら打つという動作は、かなりの上級者でないと難しく
失敗する確率も高いので、まずは、打ちやすいポジションへの移動、
静止を意識してみましょう。

 

 

あとは、打つときに力まないこと。これも大事です。ストロークを
打つときに余計な力が入ってしまうと、大振りして、ネットやオーバー
することになってしまいます。

 

 

かと言って、緊張してしまい、手打ちになるのも問題です。

 

 

ラケットは振り切るという表現をよく聞きますが、あくまで力任せに
振ることではないので注意しましょう。

 

 

これらの動作を試合でいきなりやろうとしても出来ることではないので
普段の練習から意識していく必要があります。練習で出来ないことは
当然ながら試合でも出来ません。

 

 

普段の練習から試合を意識した練習をするとよいでしょう。

 

 

 

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

ストローク関連エントリー


FX