テニスコート

コートは主に以下のタイプがあります。

 

 

・クレイコート
 クレイの意味は土で、クレイコートは土のコートという意味です。
 球足が遅いコートとして知られており、ラリーが続きやすいのが
 特徴です。

 

 クレイコートの問題は、雨が降った後の水はけの悪さです。
 充分にボールがバウンドするレベルまで戻すには相当時間を
 要します。また、クレイコートは使用ごとに地面が削れてしまうために
 イレギュラーバウンドが多くなります。
 このため、コート使用後のブラシがけと定期的なローラー処理が
 必要です。

 

 

 このように、比較的扱いにくいことから、日本では少数派の
 コートとなっています。

 

 

・オムニコート
 人工芝に適度な砂を撒き、適度に磨耗を軽減しているコートです。
 日本では広く普及しているコートで、比較的人気は高いです。

 

 砂を撒いているとはいえ、ベースはハードコートなので、意外に
 疲労感が強いです。(ハードコートよりはましですが)
 球足はハードコートよりは遅く、弾みません。

 

 

 また、砂を入れていることで、滑りやすく、怪我をする人も多く
 注意が必要です。

 

 

・ハードコート
 セメントなどがベースとなって、合成樹脂でコーティングされている
 コートです。オムにコートより硬いので、疲労感は強いです。
 クレイコートに比べて球足は速く、早いサーブやストロークを
 武器にしている人には有利に働きます。

 

 

 ハードコートは、他のコートに比べて疲労感が強いため、
 ハードコート用のシューズは、他のコートに比べ
 底が厚めに作られています。

 

 

 また、ハードコートは他のコートに比べ、管理、維持に手間がかから
 ないことから、最近増えてきている傾向にあります。

 

 

・カーペットコート
 ベースがカーペット材によるコートで、屋内施設に使われています。
 球足としてはクレーコートに近いですが、カーペット材によって
 その特性には幅があります。

 

 

 疲労感はハードコートに比べると少なく、このため屋内施設での
 採用も増えてきています。

 

 

 ただ、シューズに関しては注意が必要です。カーペット材次第では
 オールコートやオムニコート用だと、引っ掛かってしまい、怪我を
 する可能性があるので、出来ればカーペットコート用シューズを
 用意するのが良いのですが、各メーカー共種類が非常に少なく
 お気に入りのシューズを見つけるのが困難かもしれません。

 

 

また、ラインについてですが

 

 

・ベースライン(エンドライン)
 サーブを打つところです。サーブの際、足がこのラインを越えると
 フットフォルトをとられることがあります。
 また、相手からのボールがこのラインを越えるとアウトになります。

 

 

・サービスライン 
 ベースラインの前にあるラインで、サーブを打つ場合
 ネットからサービスラインのエリアにボールを入れる必要があります。

 

 

・サイドライン
 2本引いてあると思いますが、コートの内側がシングルス用のサイドライン
 外側がダブルス用のサイドラインです。 

 

 

 

 

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

テニスコート関連エントリー


FX