テニスのルール

試合についての簡単な知識です。

 

・ラケットトス
試合時のサーブ権選択ですが、ラケットのグリップの向きで
決めることが多いです。(サッカーのコイントスのようなもの)

 

 

・ゲームカウント

 

ゲームカウントの数え方は
0(ラブ),15(フィフティーン),30(サーティ),40(フォーティ),ゲーム
です。

 

 

ポイント宣言については、サーブ権を持っている相手のポイントを先に言います。

 

 

(例) 15-0(フィフティーン ラブ:サーブをしている相手がリードしている)
15-15(フィフティーンオール:双方1ポイント同士)

 

40-40(フォーティオール)の場合はデュースと言い、先に2ポイント差を
つけたほうがゲームを取ります。

 

 

サーブ権を持っている相手が1ポイントとった場合、"アドバンテージサーバー"
コールします。

 

逆に、レシーバーが1ポイントとった場合は"アドバンテージレシーバー"
とコールします。

 

 

試合の1セットは6ゲーム先取で行われますが、相手に2ゲーム以上の差を
つけて6ゲームを取る必要があります。

 

2ゲーム以上の差がつかない場合は
差がつくまでゲームを続けるか、6-6になった地点でタイブレーク
行います。

 

 

試合は3セットマッチ5セットマッチがあります。
(3セットマッチは2セット先取で勝利。5セットマッチは3セット先取で勝利)

 

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

テニスのルール関連エントリー


FX