打ち方

打ち方と一言で言っても、ポイントがいくつかあります。

 

 

 

 

 

ここでは、構え方からスイングまでをお教えします。

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

打ち方エントリー一覧

構え方
体は相手(主にサーブを打つプレーヤー)の方に向けて、膝を少し曲げて足は肩幅くらいに開き、ラケットは体の中心付近で構えます。ラケットは少し倒して45度くらいが持ちやすくて良いでしょう。この構えで相手から来るボールを待ちます。じっとボールを待つのではなく、ボールに柔軟に対応できるように、体を軽く動かすと反応しやすいです。次に来たボールについていかに早く反応して、打ちやすい位置に移動するかがポイントとなります。ボールが来た際に、重要な動作としてスプリットステップがあります。これは、ボールが来た際に、ラ...
グリップ
テニスのグリップ(握り方)は、"厚く"とか"薄く"とか言うことが多いですがもう少し詳しく説明しますと、概ねこの3種類に分類されます。・イースタン 最初にテニスを習う際に教えてもらう握り方です。ラケット面に手のひらを当てて、そのまま手を下のグリップに下ろしていき握ります。後で紹介するコンチネンタルグリップよりは少し厚めの握り方です。最も扱いやすい握り方であることから、最初に教えてもらう握り方になっています。・ウエスタン ラケットを地面に置いた状態で上から掴む握り方です。主に軟式で使っている握り方で...
テイクバック
レベルやその人のプレースタイルによっても違ってくるかと思いますがテイクバックはラケットヘッドから引くのが一般的です。相手に向かってラケットを縦に持って準備をし、相手が打ってきた球がフォアサイドに来た場合、右利きであれば、ラケットヘッドを右肩方向に引きます。左利きはその逆です。バックサイドに来た場合は、右利きであれば、ラケットヘッドを左肩方向に引きます。ラケットを引く際ですが、一般的に早めの準備のために、早く引くよう言われていますが、ラケットを早く引く際は、ラケットを持った方の手を意識して早く準備...
スイング
テイクバックでラケットを引いて準備が出来たら、次はスイングです。ラケットの高さは、その時飛んできたボールの高低で合わせます。しっかりボールを見ることが大事ですね。ラケットの高さをしっかり合わせたら、いよいよスイングの動作です。まず、スイングスピードですが、速く振り抜くのが良いか、遅く振りぬくのが良いかというのは、その人の実力やその時の状況で変わってきますが、大事なことは、まず確実にボールを相手コートに返すことなので、そこから考えて、自分が可能なスイングスピードにすれば良いでしょう。また、スイング...

FX