テイクバック

レベルやその人のプレースタイルによっても違ってくるかと思いますが
テイクバックはラケットヘッドから引くのが一般的です。

 

 

相手に向かってラケットを縦に持って準備をし、相手が打ってきた球が
フォアサイドに来た場合、右利きであれば、ラケットヘッドを右肩方向に
引きます。左利きはその逆です。

 

 

バックサイドに来た場合は、右利きであれば、ラケットヘッドを左肩方向に
引きます。

 

ラケットを引く際ですが、一般的に早めの準備のために、早く引くよう
言われていますが、ラケットを早く引く際は、ラケットを持った方の手を
意識して早く準備するというよりは、利き腕と逆側の肩(右利きならば
左肩)を入れるようにすると自然に体が素早くひねられてテイクバックが
上手くいきます。

 

 

また、テイクバックとして、肘から引いてスピンを打つ人もいますが
体への負担が大きく、プロのようなパワーがないと非常に難しい打ち方です。

 

 

基本として、ラケットヘッドから引くほうが一連の動きに無駄がなく、プロの
ようなパワーがなくても素早く行動に移すことが出来ることができるので
自分の実力に応じた方法で対応しましょう。

 

 

無理な動きは体に負担をかけてしまうのでお勧めできません。

 

 

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

テイクバック関連エントリー


FX