メンタル強化

よく練習では動きもよく、凄いショットを打つ人が、試合になると別人のように
動きも悪く、ショットもばらばら
という人を良く見かけます。

 

 

非常にもったいない話です。実力はあるが、その実力が肝心の試合で
出せていない場合です。

 

 

試合では、ごくまれなケースを除いて、普段の練習以上の力は出ないので
いかに練習の力を試合で出せるかがポイントです。

 

 

この辺は精神論になってしまいますが、試合の際は、なるべく早く自分の
ペースを作るように意識しましょう。

 

例えば、サービスゲームをキープすることで、自分の気持ちに少し
余裕が出てくるのではないでしょうか?

 

 

また、相手のサービスゲームをブレイクすると、さらに優位に立ち
気分が乗ってきて、どんどん調子を上げていくことができたりするの
ではないでしょうか?

 

 

逆に、自分のサービスゲームをブレイクされると、さらにあせりが
出てしまい、気持ちに余裕がなくなってきたりするのではないでしょうか?

 

 

 

重要なのは、気持ちを切り替える事です。サービスゲームをブレイク
されても、"まだまだゲームは残っている。次に相手のサービスゲームを
ブレイクしてやるぞ!"、"試合は最後までわからない、まだまだ
取り返せるチャンスはある"というように、ミスを引きずらないことです。

 

 

特にダブルスでは、相手への声掛けを忘れずに、"まだまだ、これから!"
というように気持ちを切り替えれる言葉をかけることで、お互いに
ミスを引きずることなく、次の試合に集中できます。

 

 

また、普段の練習の時でも、試合を意識して自分のペースを作ることを
心がけてみましょう!
きっと良い結果が得られますよ。

 

 

 

 

実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

メンタル強化関連エントリー


FX